肝臓の危険信号について

肝臓は人体の中で最も大きく、最も重く、最も高温の臓器です。肝臓の働きは、栄養素の合成と処理になります。小腸で吸収された糖分、脂肪分をエネルギーに変えて貯蔵したりします。糖質やタンパク質、脂質などの分解を行います。

血糖のコントロールやタンパク質、脂質との合成と分解を行い、栄養素の代謝がスムーズに行われるようにします。また、身体に有害な物質を分解して無毒化する解毒の働きをしたり、胎児の造血、体液の恒常性の維持などの役割を担っています。

薬など、身体にとって有害なため、これらを無害なものへと処理します。他方臓器の中での部位による機能の分化が少なく再生能力が強いため、一部に損傷があっても症状に現れにくい、自覚症状の少なさから沈黙の臓器などと呼ばれることがあります。

沈黙の臓器、自覚症状のない脂肪肝は1番の危険信号とも言われていて肝臓ホルモンが運動の効果を無効にする運動抵抗性を引き起こしたりもするのです。

 

肝臓にいいクルクミンはサプリで補給

クルクミンは、肝臓にいいと言われています。クルクミンが、肝臓にいい理由は、肝臓の解毒作用を高め、胆汁の分泌を促進してくれます。

お酒を飲むと、肝臓に負担がかかってしまいますが、クルクミンが胆汁の分泌を促進し、アルコールの成分で、なかなか体外に排出されない「アセトアルデヒド」という成分を、早く分解してくれる成分が入っています。そのため、お酒を飲むとき、クルクミンと一緒に飲むと、二日酔いが起こりにくくなるのです。

また、クルクミンは、強い抗酸化力があるため、活性酸を増やし、老化や生活習慣病にも効果があります。そんな、肝臓にいいクルクミンですが、ウコンに豊富に含まれています。

クルクミンの摂取には、サプリの利用が効果的です。なぜなら、ウコンを入手するのはとても大変ですが、サプリならドラックストア、コンビニ、通販、インターネットで、手軽に摂取することが出来るからです。お酒を多く飲まれる方や、肝臓の機能を上げたい方はクルクミンが入っているサプリが、とてもおすすめです。肝臓にいいサプリということです。

 

二日酔いを解消するには水分補給を

二日酔いになるとわかっていても、仕事の付き合いなどでついつい飲み過ぎてしまうことというのはあるものです。ですが飲み過ぎた後に辛いのは、翌日の二日酔いです。二日酔いも長引くと仕事の効率が悪くなったり、いつまでも頭痛が続くことでしっかりした考えができなくなってしまうことというのもあるものです。

ですから二日酔い解消に効くものを多く取り入れていくと良いです。オススメなのはお水で、お水をたくさん飲むことで早く体の中からアルコール成分を抜くこともできるので良いでしょう。水分補給としてお水以外のお茶なども良いですが、二日酔いで気分が悪い時は、味のあるものをお腹の中に入れることで吐き気を催してしまうこともあるものです。

ですから気持ち悪さも感じる時は、二日酔い改善に効くと言われているトマトや牛乳よりも味のない水を飲むようにもしましょう。水も利尿作用がありますから、早くに体調を改善させていくにも良いでしょう。